本日のトレーニング①

昨日、今日のトレーニングは通勤のバイクとラン。

通勤は片道約5キロ、

昨日は昼に一度帰って午後もバイクで行ったので2往復。

朝は雨がとっても降ってましたわ。

片道5km×4=20キロ

さらに昼休みに犬とランニング。

7km、35分

1km、3kmは犬のう◯ちを取っていたのでこのラップです 笑

あ、基本、自分は走るときは犬と一緒なんです。

この話はまたのちのち…笑

んで今日は、

通勤バイク2往復で20キロ。

どうしても通勤は距離が取れないから細切れで通算の20キロになってしまう。

通勤時は、最近は特に量はあきらめて、漕ぎ方など質を考えて走るようにしている。

クロスバイクで通勤用だからフラットペダルなんだけど、一応引き足を使うようにして、でも実際に引かないようにして。

上死点(12時の位置)から爪先は下に向けつつ、3時の位置くらいまで漕いだら後は、股関節の屈筋で引き上げる。

すなわち、膝を胸に近づける。

目的は、出来るだけハムや下腿三頭筋など下肢の力は使わないようにすること。

ペダルとの接点の関係だけちゃんと作って固定する意識で置いといたらあとは引き上げるイメージ。

股関節の屈筋群といえば、よく腸腰筋と書いてあるが、間違えではない。

でも、筋出力の強さでいえば大腿直筋が最も股関節の屈曲に働くことは、

かれこれ10年ほど前に常識が変わったはずなんだけど、いまだに理学療法士ですら知らない人は多いし、各メディアはもちろん腸腰筋を筆頭に挙げている。

乗車時の使い分けとしては、それぞれの起始停止の関係から、

腰椎の前弯を減少させれば大腿直筋が優位に働き、

腰を反らすかのように腰椎の前弯をなすがままにしてしまえば、腸腰筋を使う率は高まる感じ。

これすなわち乗車時にも腹圧呼吸を行なっていれば、横隔膜優位の呼吸になり、腹腔内圧が上昇して腰椎の前弯は減少するから腸腰筋より出力の大きい大腿直筋が使われると考えられます。

参考程度に頭の片隅に置いといてください。

と、まぁ、細かいことはどうでもいっか。

それにしても、まだロードバイク買ってません!

やばいです!

あと本番まで3ヶ月っす!

蒲郡トライアスロン

http://gama-triathlon.jp/info.html

あ、また忘れてたけど、今日から5日後に各務原アルプスのトレラン30kだた!!

https://www.actrep-sports.com/検索-イベント-大会/①トレイルラン大会一覧/各務原パノラマトレイルラン/

こっちの方が完走できるか不安っちゃあっ不安…

だって連続運動時間は、トライアスロンより30kトレランの方が長いもん。

まぁ、トライアスロンの練習もしたいけど、とりあえずあと5日はリカバリー目的で通勤を中心にやっていきます。

see ya.

3ヵ月で初トライアスロンに挑戦!

蒲郡オレンジトライアスロン、

エントリーしちゃいました。

http://gama-triathlon.jp/info.html


踏み入ることはないと思ってたけど、この世界に一歩踏み入ってしまいましたよ。

トライアスロン!!!

とは言うものの、スイムもバイクもランも経験あるから

いつかはやりたくなるんだろうなってのは、

なんとなーく

昔からあったんだけど…。

でも本当にエントリーすると、ドキドキするし

「えー!

こっから3ヵ月でどうやって本番まで持ってくんだよ!?

本当にできるのかよ!」

ってなる。

しかし、自分の身近なトライアスロン経験者から言わすと、

「出来るとか出来ない、とかじゃなく、

やるっ! 以上!!」

っていう世界です。

だと。

覚悟。

もうこれだけね。

さぁ、やります!

これから日々のトレーニングを記していこかなと。

あ、でもまずは来週30kmのトレラン のレースだったわ 笑

https://www.actrep-sports.com/検索-イベント-大会/①トレイルラン大会一覧/各務原パノラマトレイルラン/

それすらぼやけるほど

今の自分にはトライアスロンの方が本番に向けてのインパクトがありますなー