愛知県で痛み治療(主に筋膜マニピュレーション、トリガーポイントリリースを用いて)

初めまして、理学療法士のYusukeです

現在34歳、妻と3歳になる息子、4歳の犬(ブリタニースパニエル)と日々幸せに暮らしています。

現在、愛知県内のクリニックにて

頭痛、肩こり、腰痛、膝の痛みなど、急性、慢性に関わらず痛み治療を専門に理学療法を行なってます。

この度、週末の土曜日(PM)・日曜日(全日)に限り貸しスペースを用いて痛み治療専門の整体を開きます。

料金は1回20000円(税込)です。

病名よりも症状に応じた治療をすることに重きを置いています。自分の専門領域は筋膜や筋肉に対する治療であり、手技としては主に「筋膜マニピュレーション」と「トリガーポイントリリース」を用います。

もちろん原因や優先順位を考え、例えば関節やリンパなど、身体を構成する全ての要素を考慮して行います。


現在どこかに痛みを抱えていて治療を希望している方で運良くこのブログを発見してくださった方、

現在通っている病院のリハビリテーション・整体院・接骨院への満足度がイマイチという方や、

整形外科での画像所見(レントゲンやCT、MRI)で「異常なし」と言われほぼ何も治療されることなく痛みが継続してる、もしくは痛みが強くなってきて辛いという方。

さらに「ヘルニア」「ストレートネック」「狭搾症」などと骨の変形や脊髄の変性を指摘され治療しているが改善しないという方に

自分はお役に立てると自負しています。


自分の治療に対するモットーは2つあります。

 

1つ目はクライアント様である「あなた」が主役であるということ。

私は、クライアント様が受け身で終わる一方的な治療はしません。

自分は理学療法士という身体の専門家でありますが、あくまでその役割とは、クライアント様の心身に対する「気づき」を提供する“きっかけ作り”でありたいと常に思っています。

そのために、

①専門家としてあなたの身体で今何が起こっているかをわかりやすい言葉でご説明し、

②治療の選択肢を提示します。またそれぞれの治療法のメリット・デメリットも あわせてご説明します。

③そのうえで、あなたのご意見・ご意志を徹底的にお聞きして、

④治療方針にご納得下さってから治療を開始します。

当然、治療期間中にわたってクライアント様の症状に対して新たにわかってきたことなども随時ご説明しますし、

あなたも途中で湧いてくる疑問やご意見、好みなどは躊躇なくどんどん仰ってください。

こうして双方向で互いの理解を深めながら「私とあなた」で(もしご希望とあればさらにあなたの身の回りの方をも上手に巻き込みながら)あなた様のその辛い痛みを治していきます。

 

また、そのお辛い症状を消失させるのはもちろんですが、その後の人生において多少の痛みはご自分で管理できるように、

ご自宅や職場でできるセルフケアのご説明にも力を注いでいます。

さらに、継続的にセルフケアを行なっていく上でのモチベーションや、ご自身の健康に対する捉え方・考え方、また自己受容に関しましては、人間にとって特に大切な部分だと考えておりますので、良き方向に向かうよう色んなお話を交えながら無理なく進めていきます。

 

 

2つ目は「心」を重視した治療を提供するということ。

自分が考える人間を構成する要素は、

「身体」「心」「自分でコントロールできない要素」の

3つだと考えます。

そしてこの3つは深いレベルで繋がっています。

あなたのその痛みを発しているのは「身体」ですが、「身体」だけを治療してもそれは短期的なゴールにしかなり得ません。

昨今よく言われていることですが、痛みなど症状に対する“認識を変える”、もしくは“認識に気づく”だけでもその症状は軽減するというのは確かであると日々の臨床において感じています。

すなわちこのことは少なくとも「身体」と「心」がしっかりと繋がっているということです。

身近でも、この3要素のつながりを感じる場面は多々あります。

例えば、青空がスコーンと抜けていて雲ひとつない天気のときはなぜか気分が良かったり、逆に暗い曇りの日は晴れの日と比べるとなんだか気分があがらない。

なぜかあの人といると楽しい。

最近仕事で嫌なことが続いていてそのことばっかり考えている。それと同じ頃から腰が痛くなってきた。

などなど…

よって「身体」と「心」、両方へのアプローチが根本的な解決に導くと思って治療をしています。

「心」へのアプローチといっても、特に堅い話をするわけではありません。

治療中の些細な会話の中に楽しく散りばめていくだけですので、あんまり怖がらなくて大丈夫です 笑

もちろん、求められたり必要とあらば、全力で「心」へのアプローチを行います。これもすべてクライアント様の意志の元においてです。

 

 

ここまでお読みくださって有難うございました。

共感してくださった上で、疼痛治療をしたい方は下記のメールアドレスまでまずはご連絡下さい。

yskfj77@gmail.com

場所、日時等のご希望など相談の上、治療をさせていただきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です